山砂処理と残土利用に

ウーマン

組み合わせると便利

解体現場では多くの解体物が発生します。たいていの建物は鉄筋、コンクリート、ガラス、木材といった様々な素材が混ざり合った状態なので、解体物の状態も混ざり合っており分別が難しい状況です。また形も様々なので運び出しも大変です。ですがコンクリートの解体物、通称コンクリートガラは細かく砕けば再利用が可能なものです。そのため、環境のためにも、経済的にも、工事現場の効率化のためにも、こうした解体物を破砕して分別するという手間が必要となってきます。ガラパゴスはこうしたコンクリートガラを破砕することができる機械の名前です。自走式破砕機というジャンルであり、自ら動いて破砕してくれます。ガラパゴスは破砕機の中ではバランスが優れていると評判の機械で、多くの解体業者から選ばれています。現場で破砕まで行えるので、運び出しも容易になり、周辺への迷惑も少なくてすみます。一方、ガラパゴスは山砂処理などの現場でも使われています。この場合はフルイ機と組み合わせて使われることが多いです。山砂とは、山から掘り出した砂のことで、様々な用途に使用されています。ガラパゴスで大きな岩盤を破砕し、フルイ機で細かな土や砂にまで分類して使用できる状態にします。ガラパゴスとフルイ機はしばしば組み合わせて使われており、レンタルなどでもフルイ機とセットで貸し出されることもあります。必ずしもセットで使わないといけないことではないですが、組み合わせると効率化に役立ちます。

Copyright© 2018 ガラパゴスのフルイ機を活用【費用をカットすることに繋がる】 All Rights Reserved.